大正銀行カードローンを調べてみた!

大正銀行では「大正ポケットカードローン」と「大正ワインドアップカードローン」の2種類のカードローンを取扱しています。
収入や勤務状況によって選択できる種類が異なります。
どちらも銀行カードローンにしては金利がやや高めで契約が店頭でないと出来ない、申込方法が限定的など利便性がイマイチです。
ただ三菱東京UFJ銀行のATMを利用すれば利用手数料無料になるといったサービスがあります。
大正ポケットカードローンの融資利率は年4.8%~14.5%、融資限度額は最高で500万円となります。
銀行カードローンですので総量規制の影響を受けず年収3分の1以上の借入が可能です。
満20歳以上69歳以下の方が申込可能となりますが、100万円以上は65歳までとなりますので注意してください。
継続した安定収入があれば良く、パート・アルバイトの申込みも受け付けています。
また配偶者に安定収入があることを条件に専業主婦の申込みも可能です。
毎月10日口座より自動引落となりますが任意のタイミングでの随時返済にも対応していますので、利息を少しでも抑えたい方に嬉しい限りです。
インターネット・電話・FAXから申し込みできますが、契約は必ず店頭窓口で行う必要があるのがネックです。
店舗は平日しか営業していませんので仕事をされている方には厳しい条件ですね。
大正ワインドアップカードローンの金利は年14.0%の一律です。
ポケットカードローンよりも若干金利が安くなります。
借入限度額は最高200万円までとなり、こちらは申込可能年齢が20歳以上58歳までとかなり低めです。
オリックス・クレジット会社が保証会社になります。http://www.tony-hopkins-circus.co.uk/

担保ってなんですか?

担保とはお金を借りた人(債務者)がお金を返せない時に備えて受け取る保証となる財の1つです。
債務者がお金を返さないとなればお金を貸した人(債権者)は多大な損害を被ることとなります。
このような事態を防ぐために契約時に債務者の不動産等によって弁済できるようにするのが担保です。
担保には人的担保と物的担保の2種類あります。
人的担保とは債務者が返済できない場合に備えて、他の第三者を保証人として立てることです。
債務者が返済しない場合はその保証人が弁済を行なうことになります。
物的担保は債務者が所有する財産などを担保にして、返済をしない場合に備えます。
物的担保は主に土地や不動産が対象となります。
担保を設定することで債権者は貸したお金を回収できる可能性を高めることが出来ます。
その為有担保の融資は無担保の融資に比べリスクが低いといえます。
リスクが低ければ貸し手は安心できますので低金利で貸し付けることが出来ます。
逆に無担保だとリスクが高いため貸し手は高いリターンを求めるため、その分金利に上乗せをしなければならず高金利となります。
カードローンの金利が高いのは担保を必要としないためです。
カードローンは信用を担保とするため信用貸付とも言われ、有担保に比べ高金利で融資額も制限されるというデメリットがあります。詳細はココ