担保ってなんですか?

担保とはお金を借りた人(債務者)がお金を返せない時に備えて受け取る保証となる財の1つです。
債務者がお金を返さないとなればお金を貸した人(債権者)は多大な損害を被ることとなります。
このような事態を防ぐために契約時に債務者の不動産等によって弁済できるようにするのが担保です。
担保には人的担保と物的担保の2種類あります。
人的担保とは債務者が返済できない場合に備えて、他の第三者を保証人として立てることです。
債務者が返済しない場合はその保証人が弁済を行なうことになります。
物的担保は債務者が所有する財産などを担保にして、返済をしない場合に備えます。
物的担保は主に土地や不動産が対象となります。
担保を設定することで債権者は貸したお金を回収できる可能性を高めることが出来ます。
その為有担保の融資は無担保の融資に比べリスクが低いといえます。
リスクが低ければ貸し手は安心できますので低金利で貸し付けることが出来ます。
逆に無担保だとリスクが高いため貸し手は高いリターンを求めるため、その分金利に上乗せをしなければならず高金利となります。
カードローンの金利が高いのは担保を必要としないためです。
カードローンは信用を担保とするため信用貸付とも言われ、有担保に比べ高金利で融資額も制限されるというデメリットがあります。詳細はココ